.

自動車事故は、自身だけの自損事故と誰か別の人が巻き添えになった車での事故があります。自分だけで起こした事故の場合は、自分自身だけで事故対応をしてしまえば完了しますが他人を含めた自動車事故はお互いにどれだけの不注意があったのかを確かめて、その結果によって乗用車の修理費や示談のお金かいくらのかなどが決まりますので、車の保険屋さんの有識者を交えながらの話し合いが必要となります。大多数の自動車での事故状況で各々になんらかのミスがあるケースが多くどちらか一方だけの過失を言及する場合は多くないようです。もちろん赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかったなど違反による事故ならかなりの過失なりますが、被害を受けた方にも責任があったと指摘されます。車での事故の状況ではどのドライバーのミスが原因で発生したのかという決着がかなり大切にされるのでこの結果をみんなに分かりやすく表した基準が《過失割合》なのです。一例として、先ほどの信号無視や一時停止で止まらなかった場面であるならば交通法では相手にすべての落ち度があると考えがちですがその状況でその自動車が被害者の前方から近づいていて目視で確認できた場面だとすると被害者側も注意が足りないと判断され10%ぐらいの間違いが指摘される時もあります。言うならばこの場合は相手9割、事故に巻き込まれた人が1割過失となって割合が大きいとそれに応じた過失が問われる事になります。そして事故の割合それまでの車の事故の判例をベースに結論付けられるケースが大部分で、日弁連交通事故相談センターから示されている基準などがものさしとして利用されています。この過失割合の、数値が高ければ高いほど手違い、結論として賠償しなければいけない額も大きくなる可能性が高いので事故後の話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険の担当に参加してもらって冷静に話し合うことが不可欠です。